Green Flash IPA

cosi cosi 夏こビアバー化計画へ着々と世界のビールが届いてまいります。

今回もなかなか普通の酒屋では見かけない入手困難なビールを入荷いたしました!
(入荷に1ヶ月ほどかかりました




Green Flash IPA(グリーンフラッシュIPA)

アメリカ西海岸・サンディエゴにあるクラフトブリュワリー
注文に製造が追いつかず工場を大きくして対応
「ホップ使いの魔術師」 と言われるグリーンフラッシュならではの個性が感じられるIPA。
シムコ・ホップが奏でるフルーティさ、そして滑らかなのど越しのバランスが絶妙。
是非一度試してみてください




スポンサーサイト

食事に合わせる究極のビール?

この夏、コジコジはビアバルに大変身?!
世界のビールを用意して皆様をお待ちしております



世界のセレブを迎えるためのワインはあるがビールがない。

世界最高のレストラン世界一予約が取れないと言われた『エルブジ』の天才シェフ“フェラン・アドリア”とその総ソムリエ“フェラン・センテジェス”が率いるソムリエチームとDAMM社のブラウマイスターがコラボして造る究極のビール
イネディット

ラガービールとホワイトビールの醸造法を組み合わせて醸造。
香りとクリーミーな味わいを楽しんで頂くため、ワイングラスで提供いたします。

ビール ROBINSONS OLD TOM

ロンドンオリンピックに向けてイギリスビール続々入荷~♪

ビール通におすすめの1本

 
ROBINSONS OLD TOM
ストロングエール

2009年 WBA WORLD'S BEST ALE 受賞
2005年の英国のビールのチャンピオンになっています。
1991年と2000年に引き続き、3度目の受賞。

チョコレートやポートワイン、故障の風味を感じさせる、複雑で味わい深いビールです。
ちょっと日本にはないビールを飲みたい方におすすめ☆

スピットファイアーとビショップフィンガー

Cheers for LONDON Olympic
いよいよオリンピック
盛り上がるロンドンの熱気を感じながら
イギリスビールで乾杯しましょう!

今年は日本のエール元年になるかもしれませんね。
日本ではまだビールと言えばラガーやスタウトの黒が主流。
このロンドンオリンピックに合わせていろいろなエールタイプのビールを出す店が増えるかもしれません。
日本は季節感を大事にします。
季節に合わせて世界のビールをかえて飲むというのが将来は普通になっているのでしょうね☆


英国で最古のエールビール醸造所
『シェパード・ニーム』社のビール2種を紹介いたします。


 
SPITFIRE スピットファイア
やや濃い褐色でホップの程良い香りのペールエール
夏の暑い日は冷やして飲んでも美味しい
冬は常温に近い温度でゆっくり香りと味わいを楽しみながら飲むのもオススメです。
2010『WORLD BEER CUP』銀賞
この会社のあるケント州の上空でドイツ空軍と戦った有名な戦闘機『スピットファイアー』
からその名が付けられました。


 
BISHOPS FINGER ビショプスフィンガー
ビール通に飲んでほしいビターエール
ちょっと温度高めに飲むとホップの香りが驚くほど強く感じられ特徴を楽しむことができます
苦みも適度に感じられ、旨みや酸味もところどころに顔を見せ表情豊かな楽しいビールです
ちなみに『ビショップスフィンガー』とはケント州のカンタベリーへの道標の図柄のことです。

リンクを貼っておきます
ビショップスフィンガー道標

PUNK IPA



cosi cosi 初登場ビール!
スコットランドのマイクロブリュワリーが造るIPA
『PUNK IPA』
IPAの特徴のグレープフルーツのような柑橘系の香りと程良い苦み。
大量のホップを贅沢に使い、手間を惜しまずドライホッピングを行い、さらに香り高くなっています。
IBU45


『IPA』とは?
IPAの誕生は、イギリスがインドを植民地にしていた時代。イギリス本国から植民地インドまでビールを運ぶと保存技術や冷蔵技術が発達していなかったため、インドに到着する頃には、ビールは劣化し、腐敗してしまうこともあったそうです。

そこで、バクテリア(雑菌)の繁殖を抑えて保存力を高めるため、通常のペールエールよりも麦芽を多く使用してアルコール度数を高め、バクテリアの繁殖を抑える働きをするホップを大量に加えたビールが、インド帝国向けに造られるようになりました。これが「インディア・ペールエール」の由来です。

現在のIPAは、当時のものよりもアルコール度数も苦みも抑えられ、飲みやすいビールになっています。


IBUとは
国際苦味単位(こくさいにがみたんい、IBU; International Bitterness Units)は、ビールの苦味の程度を測る単位である。日本のビールは 15~20 IBU が主流

ドライホッピングとは?
醗酵中や熟成中のビールにホップを加えて香りを移す作業を言います。つまり、樽の中でじわじわと香りが移されるということです。
プロフィール

cosi cosi

Author:cosi cosi
東京・都立大学「cosi cosi」をプロデュースする元デザイナーのシェフとシニアソムリエのblog

カテゴリ
Twitter
電力使用状況&電気予報
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク