FC2ブログ

新人ムラマツのメール

今回ボランティア初参加の新人ムラマツから今回の件の感想のメールをもらいました。
本人の了承を得たのでここに転記いたします。



今日はお疲れ様でしたm(__)m
今回初めて福島に行くことができて本当に良かったです。
このような機会を与えていただきありがとうございました。

今回は立川さん、内藤さん、金澤さん、三輪さん、たかしさん、皆さんに引っ張ってもらう感じになってしまって、全然何かをできたというわけではなかったですが、ボランティアを楽しいと感じることができました。まだ自分のなかで楽しむという感情になってしまったことへの葛藤はありますが、僕はまだボランティアのスタートラインにようやく立てただけのようなものなので、これからどうしていくか、どう考えていくかが重要なのかなと感じました。
また三輪さんやたかしさんという同世代の方の思いに触れることができて、自分も実際はまだ若いはずなのでもっとやれるはずだし、もっとやれなきゃなぁと実感しました。
早くおじいちゃん卒業します(笑)

今回のことに一喜一憂することだけで終わらずに、震災のことを忘れず、少しでも、気持ちだけでも被災地の方に寄り添って生きていけるように、明日から気持ちを新たに頑張ります。
明日からまたよろしくお願いしますm(__)m

村松
スポンサーサイト

2013年3月11日

2013年3月11日(月)

1:00 日曜日忙しく、発注・掃除が終わり、一度みんな帰宅

4:30 cosi cosi 集合 新人ムラマツ寝坊のため遅刻イッキュウ起こしに行く
   準備スタート

今回も親友ナイトウさんの運転で車1台で小イベントのため、全員は逆に連れて行けず、
ボランティア初参加の新人ムラマツと去年ソムリエ試験で参加できなかったイッキュウを選抜





DSC04528.jpg
  6:00 4人で出発

Funky Monky Babys 5
DREAMS COME TRUE「THE SOUL FOR THE PEOPLE ~東日本大震災支援ベストアルバム~」
   『何度でも』
   
などを聴きながら車を走らせながら打ち合わせなどをやる

10:20 福島県田村市船引 仮設住宅 船引運動場に到着
IMG_4556.jpg

東京の日常風景とこの場所の日常風景 またこの境界線をわたってきました。


DSC04530.jpg
相談員の宗像さん、社会福祉協議会の坪井さん、Faisの理事の菅野さんと打ち合わせ

今は宗像さんが集会所に常駐されているとのこと


仮設住宅も前より窓を改築したりして少し暮らしやすくなったとのこと

IMG_4557.jpg
前の方の住居は、窓が上半分
後の方の方の住居は、工事が終わり下まで窓が伸びています。

これだけでも全く利便性が違うのです。





DSC04537.jpg
前回の時もお話した方がいたので現状をお伺いする
以前の話

家が警戒地区で、なんとかバイクで家まで帰ろうとしたけど警察がバスからどーっと出てきて止められる。
家に帰ることが犯罪になってしまうという悲しい出来事

今は、昼間は帰ることができ、時々帰っているとのこと
ただ今でも家に泊まることができない・・・


11:30 ボランティアコーディネーター三輪さんとタカシさん合流

もともと第一運動場では、短い時間なので、イベントはせず、外でパウンドケーキを配るだけの
予定でしたが、寒くて風が強いので、急きょこちらでも茶話会をすることに決定。
念のためお茶やパウンドケーキも多く持って来ていたので実施することができました。

平日昼間なので、若い人は仕事で、子供は学校のため、年配の方たちが中心になります。


DSC04539.jpgDSC04542.jpgDSC04566.jpg
早速準備にとりかかります~
今回提供するのは、『柚子のパウンドケーキ』と苺やブルーベリーの甘酸っぱい香りがたっぷりの『ベリーピンクティー』
一時でも仮設住宅にいることを忘れ楽しい会話や音楽を楽しめるような笑顔いっぱいの会にできたらと



DSC04551.jpg
東京の目黒区のレストランコジコジの立川と申します。と挨拶



DSC04557.jpg


DSC04564.jpg
新人ムラマツ
東京のケーキ屋でパティシエ菓子職人をやっていたムラマツです。
今回のパウンドケーキの説明をします


DSC04546.jpgDSC04548.jpg
2011年夏によく話していた『ハルイさん』と『エツコさん』
二人ともとってもチャーミングな方達でとても大好きです。



DSC04581.jpg
美味しい!との言葉をもらい、みんなムラマツに作り方を聞いてきました~

DSC04577.jpg

DSC04585.jpgDSC04584.jpg
監督役の三輪さん 全体に気を配らせ、バランスがとれているか問題がないか目を光らせています
B型ムードメーカーのタカシさん、仕事が忙しいのに駆けつけていただきました!







12:30 次の仮設住宅の福祉の森へ移動し、準備


13:30 2回目の茶話会スタート

DSC04632.jpg



DSC04680.jpg
明るい楽しい話をしながらも、現状の暮らしぶりや仮設住宅での大変な話などを伺います
報道とは違う現実がここにあります。



DSC04679.jpgDSC04677.jpgDSC04665.jpg

DSC04641.jpgDSC04648.jpgDSC04661.jpg


DSC04658.jpg

みんな美味しいと食べて、残った分も持って帰っても良いか聞いてきました。
ほんとに提供した分ぜんぶ無くなりました。


14:30 みんなで坂本九の『上を向いて歩こう』を合唱

14:46 
三輪さん
『1825 この数字は福島県でお亡くなりになった方、行方不明の方の合わせた数です。この方たちの冥福を祈り、黙祷を捧げましょう』と

東日本大震災発生時間に合わせて全員で1分間黙とう


DSC04682.jpg

DSC04683.jpg
イッキュウ 最後に声をつまらせながら、涙をこらえながら、みなさんの幸せを願い、挨拶をする。




15:30 茶話会終了

16:00 三輪さん、タカシさんと一緒に『ガスト』で遅めの昼食
    食事しながら今後の支援活動などの打ち合わせ
今年中にあと2回イベントをやりましょう!! と

17:30 二人と別れ、田村市福祉協議会へ
    私たちのボランティアを最初から快く受け入れていただいた堀越さんに会い、
    今回提供したパウンドケーキを渡す

22:30 cosi cosi 到着
    ナイトウさんとお別れ
    驚異の静岡から東京を経て福島の1日往復1100km以上の運転 

23:00過ぎ 帰宅

大切な3月11日 あっという間でしたが、いろいろな境遇のたくさんの方たちと過ごさせていただきました。



2013年3月11日


実は今回この日をどのように迎えるか個人的にずっと悩んでおりました。

東京は平常に戻り、それぞれが自分たちの普段の日常に戻り、各々自分たちがそれぞれ
仕事、抱える家族であったり、友達であったり、自分の趣味であったりと 忙しい毎日を送っています。

その中で自分以外を巻き込んでよいのかどうか最後まで悩み続けました。


最初は、自分ひとりで福島に行き、イベントなどがあればその手伝いをしようか、などと考えていました。

福島にたくさんの知り合いができたので、まずいつものボランティアコーディネーター三輪さんに声をかけてみました。

そうすると、是非今までやってきた福島県田村市の仮設住宅で茶話会やりましょう!と

2月26日からの急なイベント立ち上げ
もしかしたら私個人か、プラスもう一人の参加だけでのイベントになるかもしれないと伝える。

それでも何とかしましょう!との三輪さんの力強い声

ボランティアは決して強制にはなってはいけない
これが自分としての一番の考え

そこで悩んだ末、直接ではなく『LINE』でスタッフ全員に呼び掛ける。
あくまでも参加したい人だけでやりたいことを

そうすると

社員全員が「参加したい!」との返事
もしかしたら誰も参加しないかもと思っていたので本当に嬉しかった 

しかも親友ナイトウさんも!

三輪さんが強力なコーディネート力を発揮して頂き、あっという間に話が進む

このようにして今日3月11日を迎えました。

このプロジェクトにかかわって頂いた方々、協力して頂いた方々、
この茶話会に参加して頂いた福島県田村市船引の仮設住宅に住んでいる方々、
コジコジに寄付して頂いたお客様
コジコジのフリーマーケットを手伝っていた方々

そしてコジコジのスタッフ

本当にありがとうございました そして これからもよろしくお願いします。

夜明けの来ない夜はないと信じて


コジコジ 立川健介




    



2012.3.11チャリティデー開催

今日からコジコジは社員が2人増え新たなスタートの日となりました。
コジコジは2020年プロジェクトを立ち上げ今は2012年実行プログラムを一つ一つクリアしていこうと奮闘中であります。

昨年2011年3月11日はみなさんも同様だったと思いますが、私達にとっても全てが変わった出来事でありました。
もともと今頃ちょうど日本にはコジコジはなく、シンガポールでレストランをスタートしている予定でした。
今海外移住などがニュースで流れ、マスコミやネットでは放射能のことを煽っていたりするのもよくみかけます。

私達はどちらかといいうと逆のスタンスで、自分たちはちっぽけな存在ではあるのだけれども一つ一つこの日本でやるべきことを他の共感していただける人と手を携えてやっていきたいと強く想っています。

放射能に関しても確かに煽られると不安になったりもします。
福島の方たちは毎日この現実と向き合っています。
東京ではあまり理解されていないことまでかなり深く知識を深めておられます。

私達も去年の8月に1ヵ月間福島県で暮らすことで東京ではわからないことがたくさん理解できました。
もっともっと知識を深めたくさんの方とこれからもこの問題に正面から取り組んでいきたいと思っています。



3月11日



もうすぐこの日から1年になります。
コジコジはあの混乱の時期にテイクアウトを中心に営業していたのでたくさんのお客様に囲まれ毎日が逆に全く不安なく仕事に集中することができました。
またたくさんの方といろいろな想いを共有することで安心できました。

またたくさんの方の寄付や応援でコジコジの『福島県田村市支援活動』は現在も続けることができています。
皆さまのご協力を本当に本当に感謝しております。



今回もその一環で

『2012年 3月11日 チャリティデー』

を開催いたします。


ランチ、ディナーともに通常営業どおりで売り上げの『10%』を私達の福島県田村市支援活動費に充てさせていただきます。

売り上げの10%は全額『福島県田村市支援活動』で今度3月26日にまた日帰りで炊き出しイベント行ってまいりますのでそれに充てさせていただきます。

また本日のみ5歳以下のお子様も入店可です。

「春祭り~つながる輪~in田村」
築地本願寺の方たちと一緒の合同イベントで仮設住宅に住んでいらっしゃる方とその子供たちにお祭りのような楽しいイベントを開催したいと思っています。
屋台があったり、催し物があったりというイメージです。

この頃がやっと雪がなくなってきて寒かった仮設住宅でも春を感じられる時期です。
子供たちも春休みで私たちもひさしぶりに会うことができます!

『福島の再生なくして日本の再生はなし』

私達はこれからもずっと向き合っていきます。

私達は参加できないのですが今週末も
福島県田村市のボランティアセンターと築地本願寺さんが企画した仮設住宅の方たちへの『東京ツアー』が行われ、日清のカップラーメン工場など見学したりの楽しい企画が実行されます。

東京の私達が秋ぐらいから普通の生活に戻りいろいろなプレッシャーからだいぶ解放されてきた感覚があったと思います。

福島ではあの時の重圧からずっと逃れることができません。
私達が今できることをたくさんの人達と手を携えてやっていけたらと思っています。

これからも宜しくお願いいたします。








X'mas クッキー ~アイシング~ for 福島県田村市の仮設住宅に住む子供たち

今回12月10日に築地本願寺さんが私達がいつも支援している福島県田村市の仮設住宅で子供たち向けにお餅で炊き出しイベントを企画されているとのこと。

私達もボランティアコーディネーターの三輪さんとの打ち合わせの上、子供たちにコジコジ特製クッキーを作って送ることに決定。

クリスマスコースのチャリティーフィーを使いクッキーを作りました!

cookie14.jpg
11月24日
最初の試作品です。


cookie13.jpg
11月27日
また練習で今度はバニラの香りを入れてみました!


cookie12.jpg
12月5日
クッキーの本買いました!
アイシングの参考にしました。


cookie11.jpg
12月6日13:19
これから本番です。
コジコジクリスマスコースのチャリティーフィー1人250円をこれに充てました。

クッキー今回使用量
薄力粉   5.4kg
溶き卵   27個
無塩バター 1.35kg
三温糖   2.025kg
バニラエッセンス 少々
ちなみに
家庭でのおすすめの分量
--------------------------
薄力粉   120g
溶き卵   大さじ2
無塩バター 30g
三温糖   大さじ3
バニラエッセンス 少々
--------------------------

バターを柔らかくします

無塩バターをそれにすり混ぜ、卵とバニラエッセンスを入れてよく混ぜ、
薄力粉を加えて手でぎゅっとまとめます

10分冷凍後クッキー型でくりぬき、170度で10分くらい焼きます


cookie10.jpg
前回夏福島で祭りのイベントの手伝いに来てくれたコジコジでアルバイトしていた菅原さんがクッキー型など届けに来てくれました!
ありがとう!!
今夜から頑張って650枚焼きます!
ミッキー欲しかったから嬉しい !(^^)!


cookie9.jpg
ミッキーいっぱい!
今からオーブンで焼きます☆

   10分後
    ↓
cookie8.jpg
12月6日23:03
だいぶ焼けてきました (・・;)
けどあと半分ぐらいあります (大汗)


cookie7.jpg
12月7日0:45
今オーブン焼き待ちデス
今日は1:30ぐらいにとりあえず終了~


cookie6.jpg
12月7日13:36
2日目
今日はアイシング作り )^o^(
イッキュウが粉砂糖を発注し忘れていきなりピンチ!?

粉砂糖  1.1kg
卵白   150g

ちなみに
ご家庭でのおすすめの量
-------------------------
粉砂糖  220g
卵白   30g
-------------------------

ボウルに粉砂糖と卵白を入れる

ゴムベラでツヤがでるまでしっかり練る

グラニュー糖でガムシロをつくる
これを混ぜるのですが描きたいものによって入れる分量を調節する

Icing Colors というアイシング用のカラーが製菓材料のお店に売っています。
それを少量ずつ加えて好みの色に変えていきます。




cookie5.jpg
12月7日15:00
クリスマスクッキー少しずつ出来てきました(*^_^*)
今日中にアイシングまで完成させたい (・・;)


cookie4.jpg
12月7日23:40
アイシング中~

絞り袋(コルネ)にアイシングを入れて一つ一つ丁寧に描いていきます。
全部手作業なので作る人によって絵の個性が出てきますヨ!

まだまだ先は長いデス


cookie3.jpg
12月8日2:06
クリスマスクッキーアイシング終了しました~♪
───O(≧∇≦)O────♪
みんなお疲れ~明日は袋詰めで完成します


cookie2.jpg
12月8日13:58
福島ボランティアクリスマスクッキー作りも3日目(*☻-☻*)
いよいよラッピングして仕上げデス(^^)
子供たち喜んでくれるかなぁー


sayuri1.jpg
通常営業もしながらの作業のため、23:00閉店の営業後に連日の作業。
この日も3時ぐらいまでかかりました。



cookie1.jpg
ようやく完成!

12月9日21:30
築地本願寺の瀧山さんに来て頂き直接手渡しいたしました
その時の様子です
   ↓
http://www.facebook.com/home.php?ref=hp#!/photo.php?v=213348415409989

福島県田村市ボランティアセンターの三輪さんをはじめ、たくさんのボランティアスタッフ
いつもお世話になっている瀧山さんをはじめとする築地本願寺の皆様方
コジコジを支援して頂いているお客様方々 

皆さまのご協力あってこのような支援活動を継続し続けることができております!!
本当に深く感謝しております!!

本当にありがとうございます!!!

炊き出し~福島田村市船引町仮設住宅にて~ シシドのレポート

2011.10.31(月)築地本願寺さんとの合同イベント
炊き出し~福島田村市船引町仮設住宅にて~ 

もう一人のコジコジスタッフ『シシド』のレポートを転記いたします。

cosicosi 206



東京から車で3時間、電車だと約2時間の移動で

全く違う世界に変わると思った。

今も避難して暮らしている人がいる。

帰りたくても2度と帰れないかもしれない人がいる。



そういった人達がいることを忘れてはいけない。

自分もこういった活動をしていなければ忘れていただろうし、

南相馬の叔父さんの現状を知ることも、考えることもなかったかもしれない。


東京にいると地震があったことも忘れ、福島は危ないところと思っている人にも会う。

そういった人達を批判するのではなく

正しい現状を伝えて、一人一人何ができるか考えてもらえたらと思う。


そう言っている自分も引っ張ってもらっているだけで、考えられてはいないので

もっともっと考えていこう。そして行動しよう。



まずは『レジーナの森』『猪苗代』福島名物料理『ソースかつ丼』など良いところがたくさんあることを紹介していこう。


福島に行ってみたいなと思ってもらえるようなところをたくさん。



仮設住宅に住んでいる人達に会うとなぜか私の方が元気をもらう。

みんなから『シシドは福島に来ると笑顔になるなぁ!』と言われる。

もっともっと私がみんなを笑顔にしたい!


南相馬の方は今どうなっているのか気になる。

久しぶりに叔父さんに連絡を取ろうと思う。




大切なのは続けていくこと

*今の自分に

毎日続けていくことが大切

東京に住んでいて不自由なく生活できているだけで幸せ

働けること、自分の夢ややりたいことができる、近付けることは幸せなこと





















テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

cosi cosi

Author:cosi cosi
東京・都立大学「cosi cosi」をプロデュースする元デザイナーのシェフとシニアソムリエのblog

カテゴリ
Twitter
電力使用状況&電気予報
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク