シンガポール 街歩き 食べ歩き コジコジ日記 4日目 2010.1.20

2010.1.21
4日目最終日マンダリンの朝食。インド人が多いせいか朝からいろいろなカレーが楽しめます。
朝食b

フレッシュジュースもさすが南国というかんじ
朝食2-b

ベトナムのヌードルや洋食、和食、チャイニーズなんでもあります。
こちらのホテルは食事には力をいれていますが他のサービスはあまり良くないので(例えば荷物を持ってくれなかったり、アメニティを入れ忘れていたり)このクラスのホテルにしてはサービス面ではイマイチかも・・・
《リージェントかハイアットというホテルが良かったらしい》

この日は朝からオーストラリアのフュージョン料理のお店を見に。
シンガポールでは警察や救急車を見かけることがありませんでした。とても平和
このお店は消防署のうらてにあったのでそのことを思いました。
このお店は雰囲気を見ただけで次はショッピングへ。(朝食を食べ過ぎてお腹いっぱいでした(笑)

昨日はムスタファセンターで店の買い物だったので、今回はおみやげを買いに。
リャン・コート・コンプレックスというビル(日本のサイゼリアなどのレストランなどが多く入っている)の中でTシャツを購入を購入。
タイガービールのTシャツを買いました。地下には明治屋があり、とてもきれいです。
ただ日本のものは高めで納豆が2個入っているパックで180円ぐらい。しかも冷凍されていました
上の階には紀伊国屋書店があり、日本のものはここで揃います。

次はタンジャン・パガーの近くのショッピングセンターで“カヤジャム”などシンガポールにしかないものを買いました。

その後、≪シンガポールのビジネスマンが選ぶベスト50レストラン≫に入った『ブルージンジャー』というお店でランチ。1人1000円ぐらいでいろいろ楽しめます。
ブルージンジャー6-b

マレー料理が中心で私たちは、豚肉の煮込み、野菜のスープ煮、鶏肉のココナッツミルクでマリネしたもの3品を注文。
ブルージンジャー2-b

ニョニャ料理(中華とマレーが混ざった文化からできた料理)と言われるもので、スパイスはきいていますが、あまり辛くないので食べやすい。
ジャスミンライスを好きなだけお皿に入れてくれるので、みんなでいろいろな料理をごはんにかけて食べれるので楽しめます。
これはいいアイデアだと思いました。
ブルージンジャーb-3

デザートも美味しく満足!
ブルージンジャー5-b

次はブギスのショッピングセンターへ。
買ったものが多くなってきたのでタクシーで移動しますが、300円ぐらいでまわれるのでとても安くシンガポールのタクシーは便利です。
(ただたまに少し遠回りされたりしますが・・・でも他の国ほど“ぼったくり”ではありません)
こちらのショッピングセンターは地元のスーパーマーケットなどもはいっており賑わっていました。
“日本のお米ピザ”など実際日本では見かけたことのない日本のお惣菜もあり駅もすぐなので便利です。
おみやげをたくさん買い込んでタクシーでホテルへ帰ろうとしましたがつかまらず初めてバスに乗ることにしました。

60円ぐらいのチケットを買い乗車。
間違えてホテルのバス停より2つ前ぐらいで降りしまいましたがバスも慣れれば便利で安いと思います。
この後突然のスコール)ホテルのプールに行く予定でしたがダメになってしまい残念でした。(東南アジア特有でたいていは1?2時間でやみます)

最終日のディナーは中心から少し離れた町の郊外にある『ヴィラ バリ』へ。
行きのタクシーはかなり遠回りされたため“大丈夫?お店あるのかなぁー”と不安になりつつ・・・
やっとたどり着いたのですが最初のお店はさびれていてさらに“ヤバイ”と思いましたが、その奥に『ヴィラ バリ』というお店を発見
まさにバリ島のリゾートというステキな空間が広がっていました。“よかったーあって!”とひとまず安心。
バリ島のヘアバンドをした男の子に案内されます。
ヴィラバリ3-b

熱帯植物にかこまれた席に着くとたくさんの人がビールやワイン片手に楽しんでいる風景が広がります。
“こんな場所なのに流行っているなぁ”という感想でした
ヴィラバリ4-b

ハッピーアワーはなんと8時までということで1杯ビールを頼むと1杯サービス!というかんじでお得

お料理もインド料理、マレー料理、バリ島、ベトナムといったたくさんの料理があり、おつまみプレートなども充実していました
インド風のサラダ『カチャンバル』、『ビリヤニライス』、『ナン』、ハルマキ風のおつまみなどどれもおいしく楽しめました。
ヴィラバリ2-b

ココはあまりガイドブックには載っていませんが、是非行ってみてほしいお店です

帰りもタクシーを呼んでくれるので安心!
行きの3分の1ぐらいの時間でホテルに着きました。(中心から1000円かからない値段で着きます!)
水が流れていたりリラックスした中で食べれます!
なんと蚊がいっぴきも出ませんでした!(これも聞いた話ですが政府の政策なのだそうです。カラスもまったくいません。どうしているかは皆さんの御想像におまかせいたします。快適だけど・・・というかんじです。)

翌日は朝5:40にロビーに集合でチャンギ空港へ。
私達の南国旅行はこれでおしまいですがみなさまにはここで得たコジコジの南国料理をこれから楽しんでいただける予定です。
これからもNEWメニューどんどん考えて行きますので宜しくお願いしまーす!
2011年もシンガポール出店準備のためシンガポールに行きます!また新しいシンガポール料理を見つけてまいります!!
モノレールジャンボトローリー
スポンサーサイト

シンガポール 街歩き 食べ歩き コジコジ日記 3日目 2010.1.20 

2010.1.20
3日目この日は日本にいる時から計画していた『伊藤さん』というシンガポールでコンサルティングの仕事をしている人に会っていろいろお話を聞いたり、シンガポール中を車で案内してもらったり、とても忙しい日になりました。かねてよりシンガポールのビジネスにとても興味があり、いろいろ本を読んだりして調べてはいますが、今現地に住んでいる日本人の方にお話しを聞けるのは初めてで、シンガポールの政府の政策なども聞きました!
ロード1-b

シンガポールの道路は渋滞しないので不思議に思って聞いたら「政府の政策」で、自動車の値段を高くし、一部の人しか車を持てないような対策をとっているそう。値段は3倍ぐらいするそうです。そのかわり、バスやタクシーをうんと安くしてそちらを利用してもらうようにしているそうです。車を売る時も高く売れるとか不公平がない感じで「うまくやっているなあ」と感心しました。日本も見習えることが多くある気がします。
街並みを見て思うのは一軒家というのはあまりなく、ほとんどがマンション(シンガポールでは『コンドミニアム』と呼ぶそうです)。値段は日本並みに高いかんじ。2ベットルームだったりプールがついていたり日本よりは豪華なところもあるようですが結構値上がりが激しいようです!
シンガポールは東京23区と同じくらいのスペースですが、その町、町でいろいろな特色があり、海があり、公園があり、飽きないのでドライブも最高です
伊藤さんのおすすめの和食のお店でランチ。
オーチャードロードのモールの中にある鶏料理のお店へ。
650円ぐらいで大ボリュームの『なんばん定食』を食べる。
日本食のレベルも高い。
ローカルの人が働いてお客さまもローカルの人達。
日本料理はシンガポールでは結構食べれます。
ホーカーズ(屋台村)のヌードルが300円ぐらいで、日本のラーメンは一杯1000円ぐらいします。
昔は高いイメージがあったけど、最近は受け入れられているそうです。
シンガポールのことを少し深く知る事が出来たいい出会いをした一日でした。
ディナーはリバーサイドのボートキーへ。
とっても夜はにぎやかなところ。
平日の夜でもみんなお酒を飲み、食事をし、川辺でゆったり楽しんでいます。
インドシン1-b

リトルインディア地区にあるムスタファセンター(インド人やバングラデシュ人が特に利用するコストコみたいなホールセールのエスニックなショッピングセンター)に行きコジコジで使うスパイスや調味料を大量に購入。
日本ではあまり売っていないチェリーチリ(とても気品のある辛さが出る唐辛子)やシンガポール料理に使う調味料が業務用単位で格安に売っているので去年に引き続き利用しました。そのおかげでコジコジの常連さんにシンガポール風シュリンプブラックペッパーチリなどのシンガポール料理が好評です!!

この日のディナーは有名な『インドシン』というレストランへ。
テラス席に「いったい何百人の人がいるの」というぐらい人が入って混んでいました。
インドシン2-b

こちらでは『ラープサラダ』とシンガポールスリング、タイガービールをいただきました。
ラープサラダb
タイガーb

タイ風のひき肉サラダとつけ合わせのエビせんで楽しめました。値段は結構しますが(ほんとに高い!)味は最高!ちょこっと食べるのが良いかも。
ただ気になるのはシンガポールのレストランで飲む生ビールには泡はあまりありません。
全然気にしてないみたいです。
ビールにこだわりをもっている国の人には残念な感じ・・・
その後気になっていたスペイン料理のお店へ。
『タパススリー』こちらではサングリアが3種類あり量もけっこう多いので人気の様子。
サングリア、ホワイトサングリア、サングリアスパーク。この3つが良さそうだったので注文。
料理は近くの人が食べているのを見て決めましたがおいしくはありませんでした。
手軽に楽しめるお店なのでサングリアとガーリックトーストといったつまみのみ楽しむのが良さそうです。
リバーサイドの夜景を楽しみながら次は和食のお店『en』へ。
夜景2-b


沖縄料理中心と聞いていましたが全く普通の料理なのでおかしいなと思い前菜2品だけでお店を出ました。
あとで調べたら違う『en』だったことに気づき残念。
近くにあったらしいのですが・・・そちらの『en』は大人気らしいです。
帰りホテルと反対に歩いてしまい倍ぐらい歩くことになってしまいました。
途中ホーカーズで休みながら川沿いをひたすら歩きこの日は万歩計で2万2千歩
足が痛くなりました

シンガポール 街歩き 食べ歩き コジコジ日記 2日目 2010.1.19 

2010.1.19
2日目『いっきゅう』遅刻。さらに『いっきゅう』に頼んでいた電車のチケットは買い間違えていて相変わらずのドタバタスタート。

チケットはトラベラーズ用とチャージタイプがあり、たくさん使う人はトラベラーズ用が乗り放題で便利です

今日はシンガポールの飲食店などの市場調査。日本人駐在員にも人気のロチェスターパークとタングリンビレッジに。屋外にテーブル席があったり緑が多くおしゃれな邸宅がレストランになっているかんじ。
ロチェスター1-b

曜日が悪かったのかお客様はガラガラだったけどいつもは混んでいるとのこと。
日本人オーナーのシルクの雑貨屋さんに聞きました!
この辺りはお金持ちが多く高級なものでも勝負できるとのこと。
たしかにスゴイ車がたくさんとまっていました。

次に前回行けなかったセントーサ島へ。
セントーサ1-b

セントーサとは、マレー語で『平和』、『静寂』という意味だそうです。中心部から15分程セントーサエクスプレスといういモノレールに乗れば着くので便利です。
大きいマーライオンも見えます。
マーライオン3-b

シャッターチャンスは一度なので構えておいたほうがいいかも。
私達の目的は『カフェ・デル・マール』に行くこと。
スペインのイビザ島にある人気のビーチバーでライブ感覚のいい音でバサノバなどの音楽が聴けます。
カフェデマール1-b

アイスカプチーノとサンドイッチがオススメ。ブイヤベースはやめたほうが・・・
料理もドリンクも味の割には値段がかなり高めでした。
フライドポテトb

セントーサ島へは泳ぎにいくつもりで水着を持って出かけるのが良いと思います。
beach3-b.jpg


カジノとユニバーサルスタジオが近くにできるということでこれから大変身するかも??
今のところはトイレなどが汚くイマイチリゾートとは言えないような・・・・
これからに期待です。
cafe-b.jpg

ホテルに戻り、少し休憩。
シンガポールは、朝10:00頃から昼2:00頃までがとても暑くて外をたくさん歩くと汗ダクです。夕方からは涼しくなるので大丈夫ですが昼間は紫外線対策が必要です。
その後ディナーに出掛けました!
ホテルのすぐ近くのマリーナのホーカーズへ。(*ホーカーズというのは屋外の屋台街のことです)
ホーカーズ6-b

ここは本当に安くておいしくて楽しいので毎年来ています。
一皿300円ぐらいでけっこうなボリュームの食事がいろいろあります。
私達はタイガービールを飲みながらミーゴレン(焼きそば)ムルタバ(カレーお好み焼きみたいなもの)キャロットケーキ(ダイコンもち)サテー(焼き鳥)海南鶏飯(シンガポール風チキンライス)など10種類ぐらい食べました。
ホーカーズ7-b

他の人が食べているものが気になるぐらいたくさんの種類があって気軽で大好きなところです。
シンガポールの人たちは気軽にお昼や会社帰りにこういう所で食事をするそうです。
たくさん働くので外食することが多いとのこと。だから飲食店がたくさんあるんですね。

シンガポール 街歩き 食べ歩き コジコジ日記 1日目 2010.1.18

カジノ・ユニバーサルスタジオなど東南アジア初の高級総合リゾートが建設中のシンガポールに昨年に引き続き行ってまいりました!
建設ラッシュb

2010年1月18日
さあ、旅にでかけよう!!
1日目前日店が忙しくいつもどおり3時間睡眠となりましたが今回は“チコクマ”のスタッフ「イッキュウ」も遅れることなく親友の「内藤」の車にのりいざ成田へ出発!
今年はスムーズにスタートです!今回もJAL!なんだかこの時期JALは大変な問題を抱えておりちょっと不安でしたが、座席も広く、マイケルジャクソンの“This is IT”を見たり、“たいめいけん”のハヤシライスを食べたり快適な空の旅をさせていただきました!(ちなみにシンガポールまでは7時間)
タイメイケンb
スペインに行ってからは7時間ぐらいのフライトならあっという間に感じるようになりました。(慣れってスゴイ!!)
現地シンガポールへは夕方5時ごろ到着!シンガポールエアラインの方で親友内藤もシンガポール到着!(私たちはよくちがう飛行機を利用し、現地のレストランで会うという変わった行動をとります)←{{とってもアバウトな口約束だけで現地集合してます!}}
シンガポールのチェンギ空港から市内まで車で15分?20分ぐらいで着くのでとっても便利!今回は“マンダリンオリエンタル”に宿泊しました。
マンダリンb

前回泊まった“リッツカールトン”よりは狭いお部屋でしたが棚などが多く使い勝手の良いお部屋です。
アメニティの“レモングラスジンジャー”の香りがとってもよく、料理人の私にとってはとても慣れ親しみのある香りで大好きでした!
シャワーをあびていざクラークキーへ。

Clarke Quay

川沿いのテラス席でリラックスして食事できる人気のスポット!
ここの“ジャンポシーフード”というシンガポールで7店舗あるというレストランへ直行!内藤とも無事出会うことが出来ていざ食事へ・・・と思いましたが満席!!
ジャンボシーフードb

近くのブリュワークスでビールを味わうことに!
一軒目店内で自家製ビールを造っているレストランです。リザーブサンプルセットで12種類のビールをみんなですべて味わいました!中にはパンプキンビア(シナモンの香りのするもの)やインディアンビア、オートミールビアといった変わりもののありましたが楽しめました!
ビアサンプルb

ここではつまみにコンボセット(ソーセージ、揚げ物など5種類ほど山盛りになった料理)を食べ、逆バンジーしている人を見たりしながらしばしリラックス!←{{なぜか夜もやっています!近くにジャンプ台があり逆バンジーで打ち上げられてました()}}
二軒目“ジャンボシーフード”で念願の“チリクラブ”を注文!“カライ ウマイ カライ!!”甘いけど“カライ”チャイニーズ料理。
ブラックペッパーチリクラブb
041-b.jpg

“ブラックペッパーチリクラブ”も注文!“カライ ウマイ カライ”久々に刺激的な味でみんな“汗だく”ヒーヒー言いながらジャスミンティーを飲みまくりました。

一皿カニということもあり3000円?4000円ぐらいしますがけっこうボリュームもあり“スチームライス”と合わせていただくともうお腹いっぱいになります!食べすぎました!
帰りは川沿いをウォーキングしながらホテルまで帰りました!
夜景b



【送料無料】シンガポール

【送料無料】シンガポール

価格:1,680円(税込、送料別)

プロフィール

cosi cosi

Author:cosi cosi
東京・都立大学「cosi cosi」をプロデュースする元デザイナーのシェフとシニアソムリエのblog

カテゴリ
Twitter
電力使用状況&電気予報
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク