2011年総まとめ

私自身の性格として常に前を見てきて、過去を振り返るということはほとんどやってきませんでした。
ただ今年だけはやっておかないといけないような気がしてブログを書いております。

今年はコジコジにとって2012年シンガポール店を開店のための準備の予定でした。
3.11の大地震が起き、すべてがガラリと変わりました。

ただ学生時に関西での地震も経験していたのでお店の管理は早めに出来たのが幸いでした。

今回は言ってみれば戦時中ぐらい大きなことが起きたと思ったのでとりあえず自分の目で福島と宮城をみてみようと決意したのが最初でした。

3週間後にすぐ親友の内藤さんと職場のイッキュウを連れて行きました。

その時の衝撃が

一方では普通の生活が営まれ、中学生が制服で普通に学校に行っている。

他方では5km先の地域では、ライフラインが全て断たれ、市役所が避難所であり、膨大の数の遺体収容所で水もでない衛生状態がかなりひどくなっている。


この現実でした。

この事実を目の当たりにしたものの責務として私はこれからずっと何かしらに関わっていきたいと決意しました。

そうしないとこれが歴史となったぐらい後で自分の人生を振り返った時に自分が一番後悔すると思いました。

本当に幸せなことに私の周りにいる人間はこのことをすぐに理解してくれてみんな一緒に協力してくれました。

その後ボランティアと称していろいろな活動を続けてまいりました。

正直この活動がどれだけ福島県田村市の仮設住宅の方に届いているかはわかりません。

ただ1つだけ言えることはこのような活動をし続けることによってできるだけその方たちの気持ちに寄り添うことができるのではないかということです。

逆に私達はこの活動をすることによってたくさんの方たちにお世話になり、お客様方々からたくさんの支援を頂きました。

現地のボランティアセンターの三輪さんからボランティアについての考え方を教えて頂きました。
(それ以外にもプライベートでお酒『ミスティア』を教えてもらったり、福島の美味しい店を教えてもらったり、アウトドアを教えてもらったり・・・  ちなみにこの方はまだ学生です)
リーダーの橋本さんにもいつも丁寧に教えて頂きました。

築地本願寺の方々(特に瀧山さんなど)
いつもイベントでは一緒にやって頂き、力ない私達を支えてくれました。
築地本願寺さんは続けることの大切さを教えて頂きました。
(このことが現地ではとても大きな安心感になっていると思っております)

私自身宮崎出身で、今回初めて福島に行きました。
福島で出会う人出会う人本当にあたたかい人で日本各地でたくさんの場所で住んできた私ですが、今までで1番好きな場所かもしれません。(シシドはもっとかな~♪)

最初このような活動をすると、レストランも厳しい業界なので自分たちが倒れてしまわないかとちょっと心配だったのですが、逆にいろいろなものを周りの方たちからいろいろな形で有り余るほど与えて頂き貴重な経験をさせていただき、感謝感謝の毎日でした!

振り返るというより、皆様に感謝をちょっとでも表したいからブログを書きたかったんだと今書きながらわかりました。

コジコジに関わって頂いた方
本当にありがとうございました。
このご恩をちょっとでも福島の方々へ返していきたいとcosicosiスタッフ一同思っております。

P.S.
今回のシンガポールの夢は1回あきらめますが、また近いうちに店舗数を増やして実現いたします!
これからもcosicosi宜しくお願いいたします(^^)/~~~

スポンサーサイト
プロフィール

cosi cosi

Author:cosi cosi
東京・都立大学「cosi cosi」をプロデュースする元デザイナーのシェフとシニアソムリエのblog

カテゴリ
Twitter
電力使用状況&電気予報
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク