FC2ブログ

マッキーナの福島支援

cosicosiスタッフ“マッキーナ”の福島ボランティアレポートです。
(マッキーナは私たちcosicosiの福島支援活動にも2回来てくれました!!)

福島ボランティア
8月にほんの少しの間ですが、福島市あづま総合運動公園にある避難所へお手伝いしに行ってきました。この避難所には、原発事故の問題で避難している原町や浪江などから避難している方々が約290人いるとのこと。4月には780人ほどいましたが、公共住宅やアパートに移ったようです。避難所はお盆明けになくしてしまうか、まだ続けるか曖昧なようでした。ここにいる方はいろんな理由でまだ避難所にいざる負えない方なので、今後避難所がなくなってしまうと困ってしまうと不安も感じました。



ボランティアとしての仕事はお昼の炊き出しのお手伝いで、以前の物資の配給や掃除などはもうやっていないそうです。
2日間お昼の炊き出しのお手伝いをしにいき、少し早く行っていろんな方とお話しました。やっぱり1人で行くのは心細くドキドキでしたが、そんな気持ちは最初だけで次第に無くなっていきました。


居住スペースは関係者以外はいれないためホールでうろちょろ。
近いうちに原町に帰ることができるという女性や、健康法を教えてくれたおばあちゃんたちと楽しくお話しできました。ママさんバレーをやっていたとかバレーしたいとかいうお話も聞けて、自分で企画するボランティアの参考にもなりました。話相手になれただけでも良かったと思います。



最後の日に外の広場で『ソフトバレーボール教室』を開きました。私にできるものはこれしかったからですが、バレーが好きな方もいたので。高校の時のバレー部の友達と3人で、親子で参加できて、誰にでも楽しんでもらえる内容を考えました。



やる直前まで参加者がいなかったらどうしようとか不安もありドキドキでした。ですがそんな心配することなかったようで、5人の小学生の女の子たちが元気よく走ってきてくれました。とりあえずバレー教室を開けることにホッとして、いよいよ青空バレー開始です。

CIMG0950.jpg


驚いたことにみんなバレー経験者で、スポ小でバレーをやっていた子たちでした。震災で避難して以来バレーができなかったので、このバレー教室を楽しみにしてくれていたようです。そんなことを言ってくれてとてもうれしく思っていたら、経験者なのでガチなバレーに急きょ予定変更!!

スパイクやサーブがやりたいという子供たちのリクエストに応えようと、必死で走りまわる大学生3人。さらに男の子5人組が加わり人数が増えたので試合をしました。

外の広場なのでビニールテープで即席コートをつくり試合スタート!! 子どもたちの負けず嫌いなところとか、向上心が旺盛ところとか大切だなぁと改めて実感しました。試合もいい感じに盛り上がったと思います。最後に全力で鬼ごっことケイドロをやりヘトヘトでした。



CIMG0951.jpg




みんな素直でかわいかったです。参加してくれた男の子たちは小学3,4年生と中学3生の5人組で、年齢に関係なく仲が良いことに感動というか心がほっこりしました。
そんな避難所の良い面があると思えば、逆につらい面もありました。


施設を運営する側の管理と平等性を守るため、避難所にいる子どもたちは遊びを制限されています。ボール遊びする時も時間制限があり、好きな時に好きな遊びができないようです。今回使ったボールを寄付する時に、女の子が寄付すると制限されてしまうから直接もらいたいと言われました。


このイベントで避難所のいろいろな面が見ることができました。
福島はまだまだ復興しづらい状況なので、これからも自分にできる活動を続けていきたいです。

P.S.
急に誘って手伝ってくれた友達のアキとレミ本当にありがとう!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cosi cosi

Author:cosi cosi
東京・都立大学「cosi cosi」をプロデュースする元デザイナーのシェフとシニアソムリエのblog

カテゴリ
Twitter
電力使用状況&電気予報
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク