FC2ブログ

福島 支援活動 出発!!

2011年8月4日(木)/

8月30日(土)、31日(日)の最終日、本当にたくさんのお客様と熱い気持ち頂いて、『旧コジコジ』を終了できたことをとても感謝、感謝です。
最後までとても幸せな時間でした。

8月1日~3日まで、改装の打ち合わせ、店のものをすべて撤去、福島支援の荷造りなど朝~晩までかかりあっという間に4日の朝を迎えました。
1日はオオバヤシさん、サッキーナ片付け大変だったけど本当にありがとう

DSC01276.jpg


夏の改装の現場チェックは『シェフ・サユリ』に任せ、KENとシシドとイッキュウ3人で福島支援活動出発です。

DSC01300.jpg

今回もナイトウさんが運転手をしてくれることに。
ただ今回はナイトウさんは一旦帰るので、現地では3人とも運転します。久しぶりの運転です。

福島に行く前に、ワインでお世話になっている『オーデックス』の森社長に会いに。

DSC01286.jpg


これからどのような活動をしていくか報告に行きました。

その後まずレオパレスの手続きのために郡山を目指します。
今回は放射線の事が気になるため、ガイガーカウンターを携帯しました。


関東にいる間は、0.09マイクロシーベルト程度で全く問題ない数値です。

DSC01289.jpg

ただ、宇都宮辺りから着実に少しずつ上がっていきます。

郡山でとうとう車内で1.0マイクロシーベルトぐらいになってきました。
この数値で年間8.76ミリマイクロシーベルトです。

自分達の拠点は本宮市のレオパレス。

DSC01303.jpg


郡山より低いと思ってこの場所に決めたのですがこの数値がでてちょっと不安に…

DSC01307.jpg

外だと平均1.5μ㏜hになっており1年間ずっと子供をこの環境で住んでいると親はかなり不安ではないかと想像してしまいます。さらに将来のことを考えると実際に影響がもし出なかったとしてもその恐怖やいろいろな社会的現実に間接的に影響が出てくるのではないかと心配してしまいます・・・

よくテレビでやっている雨どいの近くを測ると驚きの数値が!

DSC01310.jpg

やはり放射線の問題は深刻なようです。

荷物だけ降ろし夕食を食べに本宮駅周辺へ。
地図上では駅が大きかったのでお店も多いのかと思いきや……

DSC01330.jpg

偶然、駅前に『かなざわ』というレストランがあり即決定!(イッキュウの本名はカナザワです)
話を聞くと、駅前で30年間営業していたらしく区画整理のため10mだけ移動して5月に新しいお店になったそうです。
さすが30年やっているお店!最初はお客様が少なかったのですが、このような大変な時期にもかかわらず沢山のお客様で賑わっていました
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

DSC01323.jpg


豚生姜焼き定食やチキンソテー定食を食べたのですがどれも美味しかったです

もう8時ぐらいで遅くなってしまったのですが、南相馬市に住んでいるシシドの伯父さんとおばあちゃんの家に向かいます。

途中、よくテレビで報道されている川俣町と飯館村を通って行きます。
川俣町はそれ程でもないのですが、やはり飯館村が予想以上に放射線の数値が上がって行きます。

DSC01335.jpg


4~8マイクロシーベルトがずっと表示されているのでこの辺りはやはり住むにはかなり覚悟がいるかもしれません。

南相馬市原町のおじさんの家に22時ぐらいに到着~
南相馬は意外にも本宮市よりも放射線は低く、0.3~1マイクロシーベルトぐらいのところが多いです。
(場所によっては違うかもしれません)

夜遅く着いたにも関わらずとても温かく迎えて頂きました!
シシドパパ・とシシドおばあちゃん、シシド伯母さんも一緒です。

DSC01336.jpg


リビングでビール・を飲みながらみんなで3時過ぎまで話し込んでしまいました。


『男前』初男おじさんは、牛を飼っていて何度も賞を取っている実力者で、ついちょっと前に持っている牛がなんと【農林水産大臣賞】を受賞して東京の明治神宮に行ったそうです。
それ程こだわりと愛情を持って牛を育てているので、3月11日は牛を置いて逃げる事は出来なかったそうです。
周りの人たちはかなり避難所に移ってしまったのでそれからがたいへんだったそうです。

知り合いの牛の面倒をみたり、残っている人の手伝いをしたりで大変にも関わらずお店やガソリンスタンド・は全部閉まって避難所よりもある意味大変だったのかもしれません。

更に避難所に行った人達は支援が受けられるのですが逆に残らざるをえなかった人たちはほとんど自力だったそうです。また、補償金も避難している人の方が手厚いようでやはり難しい問題が多いようです。

他のところでも聞いたのですが、家に帰ることができても帰ってしまうと支援物資や支援金や義援金がもらえなくなるからできるだけ避難所や仮設に半分だけ住んでいる人も多いようです。

避難所や仮設住宅に行っていない人も同じ様に被害を受けているのに、全部自力で完結している人には全く支援されていない人がいるという現実があるのです。

どうしても避難所や仮設住宅に注目が集まるのですが、それだけじゃないことを私たちは忘れてはいけないと痛感させられました。

他にも牛のことなどいろいろ聞きました。牛の問題もここでは書きませんが、いろいろ微妙な問題がたくさんあることがだいぶ理解することができました。


シシドおじさん、シシドパパ、夜中までいろいろ話を聞かせて頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その後のブログも心待ちにしてます!
プロフィール

cosi cosi

Author:cosi cosi
東京・都立大学「cosi cosi」をプロデュースする元デザイナーのシェフとシニアソムリエのblog

カテゴリ
Twitter
電力使用状況&電気予報
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク