FC2ブログ

福島県田村市都路の坪井さんを訪ねて

2015.3.2
東日本大震災からまもなく4年。
震災から継続的に支援を実施してきた場所【福島県田村市】を中心に、視察をしてまいりました。

今までの活動内容(2013年ブログより)


日曜日営業が終わり、1:00AMに家に帰宅
朝4時すぎに店に到着

5:30AM
2:30に静岡を出発して来てくれた親友ナイトウさんがコジコジに到着
(前日36時間勤務で夕方6時間だけ寝てすぐ来てくれました (゚o゚;; )
荷物を詰め、出発!

012c5b9f34b6deb97b11ea05ea9b6fba08f6a3b914.jpg


店では朝までソムリエの勉強をしていた石黒、それを鬼教官シシドが監督
その2人が見送りをしてくれました ヽ(´▽`)/

福島に行く時はいつも渋滞を避けるためにかならずこの時間に出発します。
今回も常磐自動車道を選択
途中、休憩も挟みながら、田村市を目指します。

9:00
福島第一原子力発電所から40kmに位置する田村市に到着
2011年5月炊き出しの時、2011年夏のスタッフ3人での1ヶ月ボランティアの時お世話になった
『リーダー』こと橋本由香里さんと合流。

0197a2b1dbce785161afb863ca14deb8a9770fefaf.jpg

この待ち合わせのデンソーという会社は、いち早く工場の敷地を避難所と開放し、その後も社員がボランティア活動を積極的に支援していた尊敬する会社です!!

当時の話や現状などを話しながら、社会福祉協議会へ
田村市地域包括支援センターの堀越さんに会いに

0181e7960fec714c82e029741e055362a7a34b5a09.jpg


2011年田村市春山小学校の避難所での炊き出しをするきっかけはこの方かとの電話からでした。

現在、原発から20km圏内の都路地区を主に担当されています。
2014年4月に避難解除がでてからも、原発から近いということで若い方があまり戻っておらず
年配の方が多く生活インフラ、介護などの問題が多く、問題が山積みとのことでした。
市によると、都路地区の旧避難指示区域の住民帰還率は、昨年11月末現在で39%(53世帯133人)
コンビニがようやく2015年1月に初めてオープンしました。

10:30
私たちがよくボランティア活動していた仮設住宅 通称『第一運動場』へ
仮設住宅に住んでいる方々をサポートされている宗方さんとも再会

0109e63d8cae073760b1a3ed950a9fbebcd51e5bce.jpg


最初私たちが支援をしていた時は200世帯ほど入っていたところですが、復興住宅に移られたり、賃貸物件に引越ししたり、元の住んでいた場所に戻ったりして、現在は半分以下になっています。

阪神・淡路大震災の時もそうだったように、コミュ二ティがどんどん分散され、支援も難しくなってくるのが現状です。
今のところ、仮設住宅の供与期間は2018年3月末となっております。
(ただ、現状はまた延長されるのではないかと言われております)
ずっとこの期間たくさんの不便がある仮設住宅に住み続けているたくさんの東北の方々を想うと胸が痛みます。

原発20km圏内に戻って、最初に農業を再開した坪井さん宅を目指します。
震災以前の日本の平均的な自然放射線量は1年あたり1400μSv(1,400マイクロシーベルト)です。時間あたり0.16μSv/時となります。
これは、坪井さん宅の近くのときの写真です。
ガイガーカウンターで、0.08μSv/時
全く問題ない数値が出ています。

018fe3ae64df9088f3a32ebb4243079b8e1939cce9.jpg


福島に住んでいる方やよく福島に来ている方はご存知のように原発が近いから放射線が高いわけではありません。
正しい知識を学ぶことも重要だと思っています。
そのため、私たちはずっとボランティアの間このガイガーカウンターを携行し、各地の数値を見てきました。

11:45
坪井さん宅に到着
昼食を用意してくれていました☆彡

01b069ea46f3747740ed1bbd41bdcf1cd48a126e02.jpg


坪井さんが作っているお米や野菜でつくったご馳走!
あんこで作ったぼたもち
じゅうねんと呼ばれるエゴマで作った『じゅうねんぼたもち』
独特な手作り感のある豆腐と野菜など具だくさんな『けんちん汁』

などなどどれをとっても優しさとぬくもりのある本当に美味しい料理でした!!
01d70984d7493468829569c5349d17494a0d2a7d2a.jpg

2013年は、避難解除されていなかったので、出荷することもできないのですが、仮設住宅から通いながら農業を試験的に再開
結果は放射線が基準値以下
2014年、避難解除を受け、本格的に農業を再開
トマトやお米を作り、どれも基準値以下の安全な農作物を出荷

0180b9b7bbf0dabe500156bf421d645333647d629e.jpg

01fe48159ca51258863fdb0095e3c027969552c0a3.jpg





詳細は下記のブログで見てください!
明日へブログ(NHK)

小松菜やじゅうねん、おもちまで頂きました!

01bb3792043ca66f3eb943af8158b22b9471d25412.jpg



日本人全員が正しい知識を持ち、一生懸命農業をされている坪井さんの野菜などが本当の価値として消費者へ届く仕組みをみんなで構築できる社会が来ることを切に願います。

福島のお世話になった方々にコジコジシェフやスタッフが心を込めて作ったカップケーキをお渡ししました。

018e1e04c9250b9f948483cff72f54a55644dd1426.jpg
01a63f0bb3497f091bab32abc197bd2ca0c8a96593.jpg




14:00
山元町へ出発

つづく












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cosi cosi

Author:cosi cosi
東京・都立大学「cosi cosi」をプロデュースする元デザイナーのシェフとシニアソムリエのblog

カテゴリ
Twitter
電力使用状況&電気予報
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク